歴史

tattoo

素敵な恋人がゲットできる出会い掲示板なら大人の出会いを楽しむことができます。良い出会いをぜひ楽しんでみてください。

日本における、出会いの方法の発端としては1980年代に始まったテレフォンクラブ(テレクラ)が源流とされる。
テレフォンクラブとは、個室に電話機が備え付けられており、その中で女性からの連絡を待ち、電話を介して女性との出会いを見つける場所である。

1990年代になると、「ツーショットダイヤル」というサービスが台頭しはじめる。
これは別名「ダイヤルQ2」とも言われ、男性がダイヤルQ2と呼ばれる有料回線を使い、女性はフリーダイヤルを用いて通話できるサービスである。
自宅から、気軽に使えるということもあり、人気が広まった。

2000年前後になると、携帯電話の普及が本格的なものになり、出会い系サイトという、インターネットを介した出会いサービスが勃興した。
出会い系サイトの特徴としては、性的マイノリティーがパートナーと繋がりやすいという特徴がある。

現在の日本では、出会いの方法が細分化されており、個人のニーズに合わせたサービスが提供されている。

電話を使った出会いの方法は、テレクラ・ツーショットダイヤル・パーティラインとも呼ばれ、総じて「テレコミ」とも呼ばれている。
インターネットを使った出会いも可能であり、これは「出会い系サイト」と呼ばれている。これらは、電話と違い、コミュニケーションはインターネット上で行われる。

また、電話・インターネットを使わない出会い方も可能である。
「交際クラブ」や「出会い喫茶」というサービスは、男女が直接会話し、会話が成立すれば、交際に至ることもある。


出会いの場は、数多くの規制を受けてきており、法的にも整備されて、悪質な業者を検挙できるように改正されている。

また、利用者に対し、18歳以上であることを明示できるよう、身分証明書を提示することが義務付けられている。

風営法の改正や青少年保護育成条例の改正などにより、出会いの場は法的にも整備されており、犯罪やトラブルの抑止に繋がっている。

概要

girl sexy

ハッピーメールとは、画像と文書、それに音声についても交換ができる、出会い系サイトである。

年齢、住んでいる地域、身長や体重も情報として登録することができる。
また、出会いの関係性に関しても決めることができ、メル友から性的なパートナーを見つけることも可能となっている。

画像に関しても、一般的な画像から、アダルトな内容の画像も交換可能となっている。
音声の交換に関しては、録音したものと、ボイスチャットの二通りが存在する。

ハッピーメールは男性・女性共に登録料金は無料であり、ハッピーメール内のサービスを利用する時に、パケット代として料金が発生することがある。
ハッピーメール内での有料のサービスを使う時には、「ポイント」を使わねばならず、そのポイントは購入して使うことができる。

男性の登録者は、会員登録時に最大で120ポイントが受け取れるサービスがある。
また、ポイントの購入は、ポイント購入額と購入ポイント数が比例しており、1000円ならば100ポイント。10000円ならば1150ポイントと、購入額が大きいほど、サービスポイントが上乗せされる。
ハッピーメール内の有料サービスは細かく設定されており、消費ポイントに関してもアクション別に分けられている。

ハッピーメールでは、登録時に必要な携帯番号やEメールアドレス等は、会員には非公開となっている。
また、掲示板の内容はハッピーメールが監視し、悪質な書き込みに貸しては排除している。

利用客の疑問に関しては、24時間365日受け付けており、電話・Eメールでの質問が可能となっている。

掲示板

short skirt

ハッピーメールのように、出会い系サイトで出会いを求める事は昨今では一般的になりつつある。
ほかにもネットで出会いを求めるケースとしては、掲示板の利用がある。

掲示板とは、本来は駅構内や施設内、街角に存在する板であり、催しの案内や伝言などを張り出す。しかし、ネットでは主に情報交換や交流の場として使用される。

出会い系の場合は、簡単なプロフィールと要望を書き込むことで交流を測る。
多くは名前(ハンドルネームでも良い)と年齢、性別、趣味、仕事などをプロフィールとし、それに話し相手にしたい人の条件などを書き込む。

実際に出会いたい場合などには、顔写真を添付する場合もある。

掲示板で実際に出会う確率は、実際には運や魅力に左右される。
ネット上でのかかわり合いだけを求める場合も多いためである。

また、掲示板によっては性的な話題などは禁止されていることもある。
その為、会話を楽しみたい場合にはその交流場所の条件を守る必要がある。

種別

nice

出会い系サイトは、数多くの種別に分けられており、男女ともニーズに合わせたサービスを提供している。

年齢で利用者が分けられている出会い系サイトもあり、50代・60代の利用者だけに特化したサービスを提供する出会い系サイトも存在する。
また、出会い系サイトは性的マイノリティーがパートナーを探す場所としても使われ、利用会員の細かいニーズに対応する出会い系サイトも存在する。

出会い系サイトは、利用者の関係性の願望により変化し、メル友だけの関係性を求めている利用者や、肉体関係だけを求めている利用者にも、サービスを提供している。

出会い系サイトは、有料と無料との所が存在する。

一般的に、有料の出会い系サイトは、無料の出会い系サイトに比べて、利用できるサービスの種類が多い。
また、有料の出会い系サイトは女性会員が無料の出会い系サイトとくらべて多いことがある。

多くの有料出会い系サイトは、そのサイト内で有料サービスを使う時にポイントが必要であり、そのポイントを事前に購入しておく必要がある。

出会い系サイトに登録する時には、青少年保護育成条例により、身分証明書を提示しなければならず、18歳以下の人間が利用できないように厳しくチェックされている。

また、出会い系サイトの管理者は、悪質な書き込みを発見、または通報されたら、排除することができる。
出会い系サイトが勃興した2000年前後と比べ、法整備は進んでおり、トラブルへの対策や犯罪防止に役だっている。